陸戦・決闘

陸戦練習会 対戦動画2017.06.30版

 ←陸戦練習会 対戦動画2017.06.28版 →戦いに臨む時の 2つのアプローチ
CSみな 斧奥義
※練習会のひとコマで、CSみなさんが斧奥義を炸裂させているシーンw


今回の記事も 前回同様

陸戦練習の対戦動画を紹介したいと思います


撮影は6/30にしたものです


対戦動画を見ていて思うことは


大きくは力の差って 無い

だけど

ここ一番の勝負に強いか弱いか? という

勝負強さ というのはある!!

こう感じています

いい勝負してて どっちが勝ってもおかしくない展開なんだけど

最後のところでギリギリ 勝てる人 と 負ける人



チャンスに強い人 

ピンチに強い人



こういう人は

精神力の強さや読みの鋭さ

などを評価されている事が多いように思います

私も そう思っていました

自分の勝負弱さも精神的弱さからくる焦りが原因だろう・・・

そう思っていましたからね


これに対して 興味深い意見をネットの記事でみつけました


落合 中日前GM

中日ドラゴンズの前GMの落合氏はこう言ってました


「練習やオープン戦ではいいものを見せてくれるが、公式戦になると結果を残せない新人には、どうすれば勝負強さを身につけさせられるのか」

という問いに対して

「新人に限らず、ここ一番の勝負に強いか弱いか。それは選手を評価するポイントの一つになっている。確かに、勝負強い選手はいて、精神力の強さや読みの鋭さなどを評価されている。ただ、私自身は厳しい勝負が精神力でどうにかなるとは考えていない。だから、件の新人を成長させるために、メンタルに原因を求めても解決しないと思う」

厳しい勝負を決するものは精神力ではないと断言されている

では 何が勝負を分けるのか?というと

「技術しかない」 と明言されている

一般的に言って、投手は下位の打者よりもクリーンアップとの勝負に力を入れる。走者のいない場面と一打逆転の大ピンチでも、投手の集中力やバッテリーの配球は断然違う。つまり、走者のいない場面よりも、チャンスで打席が巡ってきた時のほうが、打者にとって打ち辛いボールが来る確率は高い。そのボールをしっかり打ち返すには、精神力以前にそれだけの技術が不可欠だということだ。


だからこそ、ここ一番の場面で打てないのなら 
その壁を突破するには技術を磨いていくのが近道なのである


というお話でした

これも現役時代に3冠王をはじめとする個人タイトルをいくつも獲得され
監督としても成功され結果を残し続けてきた落合氏の言葉ですから


響くものがありました


相手より精神的優位に立てないのは  

自分に自信がないからということか・・・ と

精神力を全否定する気にはなれないけど
この記事を見て技術の大事さ、技術あってこそ精神力が身につき
そこではじめて精神論が語れるのかな と

妙に納得しましたw

確かに 例えば 

格闘技してて、めちゃくちゃ根性のある
いわゆる精神力の強い奴が野球をして 

プロの球をいきなり打てるか?

といったら 根性論や精神論の前に 

技術の差がありすぎて 打てる気がしませんもんねw


確かに 精神鍛える前に技術磨く方が近道だわ と思ったw


野球に限らず 勝ち負けのある もの
そういう競技全般に当てはまることかもしれませんね


あと、落合氏といえば選手起用にも個性がありましたね

よく、力が同じなら若手を使え!!という言葉を耳にしますが
落合氏は監督時代、若手よりもベテランを重用した

それも、優勝争いや勝敗を分ける場面などで

一番必要なのは 経験 だと考えているからだそうです

そして、長く活躍できる一流選手に成熟していくためには
若い頃に苦しみながら、悩みながらでも
地道に力をつけていくことが肝要なのだと説く

しっかりした技術を身につけて

長い現役生活を送るほうが幸せ


落合氏はあまり好きではないのですが
落合氏の勝負に徹する姿勢、勝つための理論は

すごく納得できる 

なんか 

響くものがある


勝負の世界の奥深さは 

勝負の世界で生きてきた人
そして、結果を出してきた人

そういう人の言葉を聞くと 改めて感じますね(^_^;)


ただいまブログランキング参加中です♪





↑ ↑ ↑
読んだらポチッと一押し!
ポチっと押してくれると嬉しいです(*^_^*)



《対戦動画》



アタッカー CSみな
羽師    リョーマサカモト
罠師    レナークリスティ



《 見所 1 》

3:08 ~ 始まる試合

ここで開幕の攻防で相手罠師に逃げられて 
落とす前に回避いれられてしまうのですが
その時に相手羽師にノー合図で
タゲチェンを連携してできたところ

そこがお気に入りのシーンです^^

そこで数的優位にたっているのだから
それを活かして勝ちパターンに持っていかないといけないのに

逆転負けしてしまうw

これは戒めにもなるので 印象に残っている
そんな試合でしたw


《 見所 2 》

7:16 ~ の試合

この試合は先に罠師を落とされてしまい
2-3の数的不利のまま進む厳しい展開の試合でした

そこから逆転勝利できた試合なのですが

アタッカーのCSみなさんの個人技が光る試合なので
そこに注目してみてもらえたらと思います^^





アタッカー CSみな
羽師    リョーマサカモト
罠師    アスリートG


Ron Herman 正式メンバーでの戦いです

動画記録としては2ヶ月ぶりとなりますw


2ヶ月前とは ちょっと違うところがあります

これをノーヒントでわかった人は 
相当なRon Herman マニアでしょうw


答えは 回避奥義の範囲 です

2ヶ月前の大会時は 
私もCSみなさんも範囲35のものを使っていました

この動画では範囲45を試しに使っています

対戦相手は全て

アタッカー ヴィクトリカ・ブロア
羽師 ☆リインフォース☆
罠師 レナークリスティ


という豪華メンバーが揃うチームです

《 見所 1 》

00:16 ~ の試合 

先に罠師を落とされて2-3の数的不利になる展開の試合
その後 コチラも相手罠師を落とし 2-2の展開が続きます

《 見所 2 》

03:28 ~の試合

互いに支援の連携が光り、3-3のまま試合が進みます
そのせめぎあいに注目してもらえたらと思います


スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 陸戦・決闘
もくじ  3kaku_s_L.png 造船
もくじ  3kaku_s_L.png 冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 生産
もくじ  3kaku_s_L.png フレンド
もくじ  3kaku_s_L.png 海事・収奪
もくじ  3kaku_s_L.png 商会
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 論戦
もくじ  3kaku_s_L.png 公式イベント
  • 【陸戦練習会 対戦動画2017.06.28版】へ
  • 【戦いに臨む時の 2つのアプローチ】へ

~ Comment ~

落合w

リョーマさんは中日ファンかのう?

落合さんは現役もそうやし監督でもそうやったんやけど
凄いんだよホンマ。

でも、スゴすぎて愛嬌がないと言うか
人がついていかれへんかったのがなあ……

そろそろロッテか巨人でも監督してくれんかのう。
特に巨人。
由伸がかわいそうや

それと、よくうちのブログ見に来てくれてありがとうm(_ _)m

嫁はまーやらせりゃ何でもできるんだけど、
あれや、裏読みし過ぎてやり過ぎてしまうところがおうて
結局それで失敗重ねるんよ

だからまーあのブログはワシが表立って、
下手くそな3D制作を主にしてく予定よ

あいつのことは気にしてないとは思うけど、
今回は別に揉めてもへんし、
まー生暖かく見守って下さいな

ま、そんなわけでおおきにな(^ω^)

どこぞの旦那さんへ

ワタシは 阪神タイガースファンですね^^

ただ熱狂的な・・・という程ではなく
強いて言えば・・・というレベルですw

私も落合氏は凄い人物だと思っています
阪神ファンではあるけど、その前にいち野球ファンでもありますから
そこは素直にそう思う


たた個性が強い御仁だと思うから、好き嫌いは分かれるタイプだろうな・・・とは思いますね(^_^;)
  • #3522 リョーマサカモト 
  • URL 
  • 2017.07/03 08:55 
  •  ▲EntryTop 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【陸戦練習会 対戦動画2017.06.28版】へ
  • 【戦いに臨む時の 2つのアプローチ】へ

INDEX ▼