陸戦・決闘

アイリと和し 他の勢力を叩く?

 ←チームワーク →DOL Duel League 第43回アテネ大会 結果
北は曹操を防ぎ 東は孫権と和す

これは横山光輝 三国志の一場面で

孔明「もし呉の孫権と北の曹操とが同時にこの荊州に攻めてきた時はどう防がれる」

関羽「その時は兵を二分し、二手に分かれて死ぬまで戦いぬきましょう」

孔明「将軍よ。一国の大事をつかさどる者が軽々しく死ぬなどと申してはならぬ」

孔明「よろしい。それがしが八字の戒めを申すゆえよくご記憶なされい」

孔明「北ハ曹操ヲ拒(フセ)ギ、東ハ孫権ト和ス」



こんな やりとりがあったときのセリフです



何故 こんなことを書きだしたかと言うと


白銀アイリ


アイリという悪魔〔のような強さの猛者〕を倒すにはどうしたらよいか?

という問いかけを〔ネタのつもりで〕
とある陸戦家にしたところ

『毎日 鍛錬具10個差し出せばいい』


という 答えが返ってきた

(・・?

鍛錬具なんて差し出したら もっと強くなるのでは??

と 返答の意味がわからず 質問してみると

『でも 仲魔になってくれるかもしれません^^』


と 返答をいただきました

※ 仲間 ではなく 仲魔 であるところがちょっとツボでしたw



・・・ なるほど 頂点に立ちたいのなら

アイリさんと争うのではなく 手を組むことで覇権を握ればよいのでは?

ということのようですw

※きっと 返答もネタでしょうが
あえて それに乗っかって記事にしてみますw


チームとは個人の集合体だ!

だとすれば個人の能力がチーム力とも言える!

戦術はエッセンス(香り付け)に過ぎない!



こんな言葉をふと思い出しました

これに当てはめれば 
アイリという稀代の天才陸戦家を擁するチームは
それだけでチーム力が高まるというもの


三国志ネタでいえば

「伏龍と鳳雛このどちらかを得れば天下も握れる。」

の ネタで

アイリを得れば 陸戦界の天下も握れる!!


といえるのかもしれない


しかし、頂点に立ちたいけど
それは、頂点にいるものと手を組むのではなく
頂点にいるものに挑み、それに打ち勝って立ちたい!!

達成感がほしいんですよね~w


2016y07m08d_191244880.jpg

ドラクエで竜王に

「もし私の仲間になれば、世界の半分をお前 にやろう」

という 誘いを受けます

なんか これも思い出しましたw

2016y07m08d_191320866.jpg


「はい」を選ぶことができるというインパクトも相まって有名である

なお「はい」を選んだ後の結果は?

FC版ではレベル1、装備も金も何もない状態で始まるふっかつのじゅもんを提示した上で、世界の半分と騙した「闇の世界」に永久に閉じ込められ画面が暗転、メッセージ欄が赤くなり全ての動作を受け付けなくなり、電源を切るかリセットしかなくなる実質上のバッドエンドとなる。直前のふっかつのじゅもんを紛失しているとやり直しが不可能になり、プレイデータ自体が無意味と化す極悪仕様であるw


ワタシにとって

アイリ non・noの形見の弓で戦う

アイリさんは いつかは倒したいと思っている目標なので

やっぱし  として立ちはだかってもらいたいし
こちらとしても 挑みたいんですよね~


アイリさんと手を組むのは なんか竜王の部下になるような・・・

そんな感覚もあるので、ボコボコにされながらも
何度でも挑みたいと思いますw


余談ですが アイリ氏は 何度でもこのブログで書き込んでいますが

ハンパなく強い!!

強すぎて 対人決闘していてもスリルとか
普段ほとんど感じないんじゃなかろうか?と思えるくらい
強さが超越している気がしています

そして、対戦していて 明らかに

遊ばれているな・・・
手のひらの上でw

と 感じることは よくありますw


でも そんな時でも

手加減してもらうのは嫌なので

本気を出してもらう為に たまーにですが


挑発したりしますw


アイリさんの本気を引き出せる陸戦家なんて
なかなかいないと思うし もちろん私なんて
足元にも及ばない・・・(>_<)


だからこそ 本気のアイリさんを体感する機会と言うのはレアです


攻撃でアイリさんの心に刺激を与えれないのならば
口撃で心を揺さぶれないか? という発想


我ながら・・・ まさに ガキ ですねw


攻撃も口撃も本当のところ心まで届いているかどうかは
アイリさん本人でなければわかりかねますが

できることなら純粋に 戦闘だけで本気を出させたいものですし
その本気モードのアイリさんに勝ちたいものですw


頂点に立つ近道は

アイリと和し 他の勢力を叩く

が 正解でしょうが


あえて 茨の道

他勢力と挑戦権を競い アイリに挑む


ドラクエ 竜王



この道を進みたいと思っております


ただいまブログランキング参加中です♪





↑ ↑ ↑
読んだらポチッと一押し!
ポチっと押してくれると嬉しいです(*^_^*)


スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 陸戦・決闘
もくじ  3kaku_s_L.png 造船
もくじ  3kaku_s_L.png 冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 生産
もくじ  3kaku_s_L.png フレンド
もくじ  3kaku_s_L.png 海事・収奪
もくじ  3kaku_s_L.png 商会
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 論戦
もくじ  3kaku_s_L.png 公式イベント
  • 【チームワーク】へ
  • 【DOL Duel League 第43回アテネ大会 結果】へ

~ Comment ~

NoTitle

ラスボスに向かう勇者・・・って感じしかしなかったw

実際、最強の敵の隣にいて、いつか倒す!っていう道もあるけど・・・

るろ剣の某盲目キャラみたいになりそうで。

高い山は正面から登れ!ですね^^

☆枝葉柚希☆さんへ

あの心眼の剣士は近くで凄さを見せ付けられて
戦意が完全に挫かれてしまってましたよねw

実際わからんでもないけど
リアルではなくゲームの世界でくらい
勇敢に最強の存在に挑む存在でありたいよねw
  • #3391 リョーマサカモト 
  • URL 
  • 2016.07/11 20:19 
  •  ▲EntryTop 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【チームワーク】へ
  • 【DOL Duel League 第43回アテネ大会 結果】へ

INDEX ▼