陸戦・決闘

陸戦家への道

 ←2015年6月度 【Eos】セビリアオークション →転職クエスト「茶商」
2015y06m09d_173155648.jpg


今回は対人決闘を始めたい!!という方へ

参考になればいいかな~と思って書き始めた
独断と偏見に満ちた記事ですw



陸戦に関するスキルも育ってきた!

テクニック技巧も上げ、いろんなテクニックを習得した!!

ダンジョンのNPCではスリルを感じなくて物足りなくなってきた

武器や防具の装備も充実してきた!!


・・・となると


プレイヤー同士と技量を競い合ってみたくなる

自分がどれくらいのものなのか?

知りたくなるのは 自然の流れなんじゃないかと思います



DOLの世界で対人対決というと 船を用いて戦う

洋上戦闘模擬 が一般的ではありますが

エル・オリエンテ以降、運営が推していた感のある 陸戦決闘 も

対人対決をしてみると なかなか単純なようで奥が深く面白い!!



はじめは ルール無用のなんでもありで1対1の戦いを
自身の最高の装備を用いて競い合っていくといいと思います♪



最初から 大会 を意識した レギュレーションを取り入れちゃうと
楽しい!!と感じる前に 厳しいと感じる気もしますしね(^_^;)



陸戦決闘のいいところ は 

洋上での模擬だと大砲やら板やら船装備などが痛んできたり
船そのものの耐久が減ってしまったりしますが


陸戦決闘をしているだけなら 

装備の耐久は減らない

装備が痛まないところ が一つ挙げられます


一度装備さえ整えれたら 
ずっとその装備を用いて決闘できるところは
ありがたいところですね(*^_^*)



決闘してみて 楽しい と思い始め

何か更なる高みを目指す為の 目標 がほしい!!

と 思い始めたら 陸戦大会に出てみる ことをお奨めします♪


勝ち負けを競う場に身をおくことで

楽しければ・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚イイ
という思いとは違う


なにか アツくなれるもの がこみ上げてくると思います


陸戦の大会は1対1の決闘ではなく 3対3で闘う

チーム戦 が主流となっています
チーム対抗の陸戦大会は毎月開催されており、陸戦家たちのいい目標となっています



この大会レギュレーションである
3人で力を合わせて戦う!! ということが
陸戦決闘をより奥深いものにさせているのだと
感じています(*^_^*)


3人がバラバラに動いていたら勝利を掴むのが難しくなります

逆に意思疎通が図れて連携して戦えれば
1対1では勝てないような相手が相手チームにいても

勝てることもある!!

個々の力で劣っていても勝てる可能性があるので
連携を深めていくことは勝利への近道といえるのではないかと思います


連携をとるうえで各々担当する役割を分担するのが1つのセオリーです


主に3つの役割があってRPG風に例えて言うと


アタッカー → 戦士

羽師 → 僧侶

罠師 → 魔法使い




というようなイメージと思ってもらえたら
解りやすいかと思います


連携というのは1人ではどうしようもなく
チームメンバーで動きを合わせないと
鍛錬できません


そこで時間を合わせて練習することが重要になってきます

その練習の場が毎週土日にセビリアにて 陸戦練習会 というものが
設営されていますのでここに陸戦家が集まってきます



長くなってきたので簡単にまとめますw


陸戦家への道

1 鍛えたスキル テクニック技巧が より活用できる

2 鍛錬具で鍛えた装備を一度用意したら ずっと使える

3 陸戦大会が毎月あるので いい目標になる

4 大会に備えて土日にある練習会に参加する




こんな流れで 陸戦を始めて
大会に出て行かれる方が多いようですね



決闘自体は自分と相手がいたらすぐにできますけど
大会を意識した練習は仲間も相手も必要になってきますから
練習会というのが大事になってきます


で、ここで分岐点となるのが 役割 かと思います


初心者なんですけど なにしたらいいですか?

というのは誰もが通る道かと思います


ここからはかなり偏見入ると思いますが
あえて私の意見を言わせてもらえば


罠


罠師 から始められるのがよいのではないか?

と 思っています


3つのレベルの中で冒険が著しく低い!!
というのなら話は別ですがw


ソロ決闘の経験が一番活かせるのはアタッカーですから
そのイメージの延長で戦えるアタッカーこそ初心者向きでは?
という意見もあるかもしれません

羽師は開幕時にチーム全体に羽を用いて回避状態に出来たら
仕事の半分は終わったようなもの!
そして 一番相手にターゲットにされくい役だから
羽から始めるのがよいのでは?という意見もあるかもしれない


それらはもちろんごもっともです


罠師は一番狙われやすいので
倒されやすいのは否めませんから
その意味で初心者にはハードという
イメージを抱かれても無理はないとも思います



ただ、罠師はすることが


一番シンプル なんです


相手に罠をかける

自分がかけられたら状態回復する

体力減ったら回復する



主にこの3つだけ


何がいいたいかというと


自分の仕事に専念したらよい!!ということ



ちょっと極論ですけどねw


アタッカーであれ羽師であれ
味方に回復支援をすることが必要不可欠になってきますが
罠師は基本支援を 受ける側 です



開幕時に罠を掛け合うわけですが
その時わなに巻き込まれないように

罠抜け と呼ばれる 拡散する動きをとるのですが 

罠師はこの動きをしなくてもよい

この拡散する動きは反復練習して覚えないと罠に巻き込まれたり、罠からは逃れたけど羽の範囲外に出てしまって回避状態になれなかったり・・・とするので正直初心者にはちょっと難しいのですね


あとチームの戦力バランスでいいますと
私のイメージでは


アタッカー5割  羽3割  罠2割


これが勝敗の鍵を握っている割合ではないかと思っています


ほんとに極論でいえば めちゃくちゃ強いアタッカーがいれば
それだけで5割の勝率は確保できているようなもの!!

それくらい今のアタッカーが勝敗に関わる割合は高いと思っています


ただ1人で勝てるほど チーム戦は甘くはない
残りの5割を握る2人が完全に相手のほうが上手で
こちらが初心者であればどれだけ強いアタッカーでも
勝敗の5割を担うといってもその担っている5割中の過半数を
圧倒できる程相手アタッカーとの差を作れないと思うからね


ただ、それを差し引いてもアタッカーは勝敗を分ける立場として
一番大きく関わる役割だし、ここはチームのエースと言える人が就くのが
望ましいポジションではないか?と思っています


羽師もアタッカー同様、敵味方に気を配って立ち回るポジションだと思うので
初心者の方が就くよりはベテランが就いたほうがチーム力が上がるのでは?
と思うのですね


特に 攻守の切り替えの判断 が 
一番難しいポジションと思うのです


罠師は簡単か?という問いならNOです

ただチームを個々で見て、各々が活きる役割は?と見るのではなく
誰がどの役割をするのが一番チーム力が高まるか?という見方であれば

初心者が1人いるという前提であれば
ベテラン2人が罠師を支援しながら戦い
初心者は罠で攻撃をアシストしていく構成が
一番チーム力高まるんじゃないかな~ と思うわけです


なので 何をまずしたらいいのか?

という問いなら私なら 罠師 から始めることをおすすめします


でも、理屈より大事なことがあります

それは 気持ち です

私は これがやりたい!! という気持ちがあれば
その気持ちをチームメイトにぶつけて相談し
やりたいことを やらせてもらう!! というのも良い!! とも思います


やりたいことをやる時が一番伸びるといいますしね(*^_^*)

しかも この世界はゲームという娯楽の世界なのですから
なおのことですよねw





ただいまブログランキング参加中です♪





↑ ↑ ↑
読んだらポチッと一押し!
ポチっと押してくれると嬉しいです(*^_^*)
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 陸戦・決闘
もくじ  3kaku_s_L.png 造船
もくじ  3kaku_s_L.png 冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 生産
もくじ  3kaku_s_L.png フレンド
もくじ  3kaku_s_L.png 海事・収奪
もくじ  3kaku_s_L.png 商会
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 論戦
もくじ  3kaku_s_L.png 公式イベント
  • 【2015年6月度 【Eos】セビリアオークション】へ
  • 【転職クエスト「茶商」】へ

~ Comment ~

NoTitle

罠師スタートの別のメリットは
罠スキル上げの際、罠優遇職=冒険職なので冒険経験値ががっつり稼げる!
ということがでかいです!交易も戦闘レベルもこのゲームは比較的上げやすい。が、冒険経験値は『冒険職で何かをしなくてはまともに上がらない』

上記されていますが
『罠師は基本支援を 受ける側 』
『罠抜け と呼ばれる 散会の動きをしなくてもよい』
ということは、『最低限の仕事がとりあえず自分の仕事に没頭しすること』となり、やりやすいのです。チーム戦ならば敵味方の刻一刻と変化する状況をいちいち把握しなきゃならんが、罠師はソレが少ない。初心者向けと言われるゆえんです。

まわり見ないでただひたすら敵を追っかけまわすアタッカー と
まわり見ないでただひたすら敵を罠掛け捲る罠師 
どちらがよりチームに貢献できるかと言えば後者と思う。 それくらい味方にとっては都合良く敵にとってはムカつく行動なのです。チーム戦に慣れるまでの第一歩として罠師はお勧めです。

レベルが上がれば体力が向上します。より死ににくくなります!冒険レベルを上げまくりましょう^^
罠のかかり具合は彼我の冒険レベルの差も影響します。

よもも さん

まわり見ないでただひたすら敵を追っかけまわすアタッカー と
まわり見ないでただひたすら敵を罠掛け捲る罠師 
どちらがよりチームに貢献できるか?

これ上手い例えですね(*^_^*)
まさに こういうことだと思うんですよね


ネックとなるのは冒険レベルが高くない場合くらいでしょうか
そういう場合であれば 羽師スタートがいいかもですね
  • #2881 リョーマサカモト 
  • URL 
  • 2015.06/10 18:20 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle

やりたいことを楽しく!が一番ですよね^^

やりたいことがなくなると、どうしても活動が縮小してしまうし・・・

同じ楽しみをみんなで共有していけば、やりたいことも見えてくると思うので^^
マイペースでいいんですよね、自分が楽しく、そしてみんなが楽しくなればそれが最高だと思うから^^

☆枝葉柚希☆さん

やりたい と思うことが何よりも優先ですよね

だって娯楽なんですものw


ここで やっておいたほうがいい !!

というものに直面した時の心理状態が

やらなければならない と感じるのか
やっておきたい と感じるのか

で 変わってきますよね(*^_^*)

追われるように進めていくのか
追っかけて行くように進めれるのか

で心理状態がずいぶんと変わってきますから
やりたいと思う事をするほうがストレスが少ない分
捗るのはゲームに限らずいえること


役割と鍛錬はまた別の問題だけど

やりたい と思う気持ちを優先するのは
一緒ですよね


だって楽しさを追求するための娯楽なんですから(*^_^*)
  • #2884 リョーマサカモト 
  • URL 
  • 2015.06/14 12:02 
  •  ▲EntryTop 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2015年6月度 【Eos】セビリアオークション】へ
  • 【転職クエスト「茶商」】へ

INDEX ▼