陸戦・決闘

孫子の兵法と陸戦練習

 ←海賊論とゲームの楽しみ方 →武装戦線 対 B鯖選抜 陸戦合同練習会
DOL世界では現在大海戦で沸き返っているようです
…が、その喧騒には関わらず来週からの陸戦週間にむけて
陸戦練習をしてました


チュニス


B鯖選抜チームと武装戦線とでB鯖チュニスにて
合同練習会です



陸戦のチーム戦
3対3で戦うわけですが


理想で言えば 3人が生き残って
しかも体力ほぼマックス残して勝つ!!


理想と言えば理想ですが…
現実問題として言えばこれは力の差がないと実現は難しいです


3人生き残って勝っても 最後一騎打ちを制して勝っても
1勝であることには違いない!!


なので最後に立っている1人が自チームの戦士であればいいわけで
その戦いの過程はいわゆる捨て駒というわけではないですが
相撃ちというか相殺というか、自チームの誰某を失ったが
その間に相手チームの誰某を倒した!!という発想も大事なのでは?
と私は考えています


カードゲームで言えば

最弱のカードで相手の最強のカードと相殺できたとしたら?


その後の展開が有利に運べると思いませんか?

そういう発想ですね



孫子の兵法

孫子の兵法 出典:ウィキメディア・コモンズ

原典 http://flickr.com/photos/bluefootedbooby/370458424
作者 vlasta2, bluefootedbooby on flickr.com



斉の将軍田忌が公子たちとの競馬で「勝ったり負けたり」という状態だったとき、孫子は以下のような策を田忌に授けました。

「相手の中くらいの速さの馬が出てきたら、田忌は一番速い馬を当てる」
「相手の遅い馬には中くらいの速さの馬を当てる」
「相手の速い馬には遅い馬を当てる」

この策によって、2勝1敗で田忌は常に勝つことが出来たそうです



有名な 「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

という孫子の兵法ですね



ここで大事なのは戦力分析
過大評価でも過小評価でもいけないし
能力だけでなく役割や相性というのも
勝敗を分ける要素になってくると思っています



それらを加味したうえで各チーム戦術を練ると思うのですが
対戦相手も色々と対策を考えて大会に臨むわけですから
全てを読みきって思い通りに戦えることはまずない!!


その読みあい探りあいもチーム戦の醍醐味と思っています


そして想定外の事態、読みが外れた時の対応というのは
日頃の練習で体験すればするほど 痛い目にあえばあうほど
磨かれてくるのではないか?

と思ったりしています


野村克也さんの弱者の戦略から言葉を借りるとこうです


「勘」が「根拠のない思いつき」であるのに対し、「ひらめき」は「脳のどこかに蓄積された経験、知恵、知識が状況にしたがって的確に発信される」 

と指摘されています

それがゆえに、選手たちに常日頃から「いろいろな知識を拾い集めろ」と言われていたそうです


この『ひらめき』が不測の事態では大事になってくるのかな?と思っています


桃太郎侍の2枚看板 アイリさんアルトリアさんを見ていて
いつも感じているのはこの『ひらめき』

蓄積された経験・知恵・知識がハンパない!!
そして、そのひらめいたものを体現できる技術もある!!


この2人を評価されるときによく耳にするのは

連携が凄い

ということ


確かにこの2人で2-3の劣勢をひっくり返すことは日常茶飯事のこと
その立ち回りは見惚れるほど鮮やか!!

だけど、それは連携が凄いから…というよりは


2人の個人技がずば抜けている!!

ということだと私は思っています

連携連携というけど
じゃあ、その連携を分断することに成功したとして
その2人と1対1の場面を作れたら勝てるのか?という問題で

アイリ? あんなのハナクソだよぅw 

という自信のある人ならそれで問題ないと思うけど
大半の人は数的有利の状況を作らないとおとせない
それがアイリさんでありアルトリアさんだと思う


数的有利を作らなければ難しい 

コチラに対して

数的不利にならなければ勝算がある

桃太郎の2枚看板


この差は大きいと思う

そして、連携というのがどこからどこまでの動きをさすのか?
人それぞれだと思うが、回避の共有、回復のフォローという2点でいうなら
私の感想では、この2人は最低限の範囲でしかしていないと思う


むしろ自分の身は自分で守れ!!といわんばかりに
回復などは自分に余裕のあるとき以外はフォローせずに基本放置
回復は自分でしている印象

ただし、ここぞというときのアルトリアさんの商品知識+回復
これが効果的で対戦相手の立場から言うと『嫌らしい』


回復の基本放置の印象に対して、回避の共有に関しては

かなり意識してかけあっている!!

これは感じますね


この2人に対するとして
互角の力があるのならともかく
弱者が強者に立ち向かう…そんな図式だとしたら?


この2人の真似をしていたら勝てない と思う


オリジナルを上回れるなら話は別だが
大抵はコピーはオリジナルの劣化にしかならないと思うからです



だから自分たちのチームの特長
メンバーの能力や個性で

自分のチームのオリジナル


これを練習を重ねて 見つけていく事
そして、それを磨き上げて行く事が

遠回りかもしれないけど強くなる道筋ではないか?

と思いながら練習をしています


※今回の記事に書き込んだ事は 自分ができている事を書き出したのではなく
 思っている事を書き出したに過ぎません

 いわゆる 自分の事はたなにあげて …というやつですw



この日に対戦した


2014y02m23d_182822419.jpg



武装戦線 対 B鯖選抜 の対戦動画


数戦ですが撮影しました


後日、このブログにアップしようと思います


本音を言えば、今回の対戦動画をアップするのは
激しく気が進まない(^_^;)




これを見られるの? 超恥ずかしいんですけど~www

ってくらい 痛々しい下手糞っぷりを披露してしまってるからなんですけど




勝った試合 活躍した場面ばかりではなく

負けた試合 まずい動きを受け入れる…反省する



という意味と


自分だけでみるのではなく チームとして共有するために
そして対戦相手のB鯖選抜にも今後の検討材料のひとつとして
活用してもらえたら幸い


という意味もあり


今回の対戦動画を後日アップします



興味のある方
またこのブログを覗きにきてください(*^_^*)


ただいまブログランキング参加中です♪





↑ ↑ ↑
読んだらポチッと一押し!
ポチっと押してくれると嬉しいです(*^_^*)





《おまけ》


『ノムラの教え 弱者の戦略99の名言』

これは野球に限らず

「野球」をベースにしていながら、そのまま「人生」にも通ずる

そう思いました


弱者はいかに闘い、いかに勝つべきか。現実をどう認識し、戦略を練るかですべては決まる。闘う前から勝負を捨てた者にチャンスが巡ってくることはない─

※アマゾンの内容紹介から一部引用


という紹介文だけでも 名言だなぁー と思ってしまいますね


他にも


限界だと挫けそうになったときは

「もうダメだ」ではなく「まだダメだ」

と考えるべきなのである



とか

開き直りとやけくそ、やぶれかぶれは違う

私にいわせれば「開き直り」とは、できるかぎりの準備をしたうえで、それでも追い詰められたとき、覚悟を決めてその瞬間に自分の持っているすべてを出し切り、燃焼することである。「人事を尽くして天命を待つ」といってもいい。だから成功する確率が高くなるわけだ。
 
対して「やけくそ」とは、何の準備も考えもなしに、イチかバチの賭けに出ることをいう。「あとは野となれ山となれ」ということだ。つまり、日頃の研究、工夫、努力、練習量、経験に裏打ちされない開き直りは、たんなるやけくそ、やぶれかぶれに過ぎないのである。


そこを誤解してはいけない



とか


名言だわ~

深いわ~


と思いましたね



言葉だけでは誰も見向きもしない


いい事を言っても 実績が伴っていないと見向きもしない


何を言ったか? ではなく 

誰が言ったか? で大抵の人は判断するからです


結果よりもプロセスが大事 というのも 


ある意味真理なのですが

結果が出た人の どうやってしたのか? という過程を知りたいのであって
結果の出ていない人の取り組みなど興味を示す人は皆無に等しい


なので 結果が大事 目に見える結果が大事

結果を出して、初めて人は耳を傾ける


と思う


そして、野村さんは名も実もあるから
この本の読者に響く方も多いのだろう



これはゲームの話だけではなく、現実社会でも当てはまるだろう



自分で判断できないことを 人で!実績で! それらをモノサシにして判断するから


あぁ あの人がいうなら 間違い無いな… って具合にねw


私は出来ることなら 間違っていてもいい
自分で良し悪しを判断できるようになりたい
自分の価値観を大事にしたい!!

自分に興味の無い事ならどーでもいいけど
自分の好きな事、興味のあることは



誰々がこう言っていたから…ではなく
自分自身で評価したい


他人の評価は

極論で言えば どーでもいいw




スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 陸戦・決闘
もくじ  3kaku_s_L.png 造船
もくじ  3kaku_s_L.png 冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 生産
もくじ  3kaku_s_L.png フレンド
もくじ  3kaku_s_L.png 海事・収奪
もくじ  3kaku_s_L.png 商会
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 論戦
もくじ  3kaku_s_L.png 公式イベント
  • 【海賊論とゲームの楽しみ方】へ
  • 【武装戦線 対 B鯖選抜 陸戦合同練習会】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【海賊論とゲームの楽しみ方】へ
  • 【武装戦線 対 B鯖選抜 陸戦合同練習会】へ

INDEX ▼