その他

参謀が好き

 ←歴史好き♪ →その功績を称え
万里の長城

前回の記事で歴史スキーな方が私の周りには
たくさんみえることがわかりましたので、少し歴史に
関するお話を今回も記事にしてみたいと思います



私は前回記事に書いた通り、三国志や信長の野望などの光栄ゲームが
入口となり、歴史に興味をもっていきました



三国志でいうと


ゲーム→横山光輝三国志(漫画)→小説→その他三国志に関する本


という流れで興味を深めていきました


そして三国志に興味をもつと漢という国がどのように生まれたのか?
そこにも興味が出てくる


いわゆる項羽と劉邦の話ですね
ここに興味がでてくると秦という国に興味がでてくる


ただ漢楚の戦いと比べて秦の国が天下統一していく話が舞台となる本は
あまり目にしたこともないし、難しいそうな本は読むのに疲れそうで
嫌だし…と思っていました(^_^;)


そう思っていたら『週刊ヤングジャンプ』で現在も連載中の
『キングダム』という漫画に出会いました


秦の始皇帝が主人公ではなく『信』という名の戦争孤児の少年が
主人公の漫画です


漫画ゆえ、史実とは違う場面や表現もあるとは思うのですが
あまりなじみのなかった時代に対する興味は深まっていっております




歴史といえば争いの繰り返し
滅ぼし興し…の繰り返し


平時の時より戦いの記録が歴史の1ページとなっているとも言える
なので戦功のある武将が英雄視されるのが自然な流れだと思います

そこに当然魅力を感じつつ
私がより魅力を感じているのは参謀役をしていた人物たちです


孔明


三国志では諸葛亮孔明が一番好きです

天下三分の計こそが三国の歴史のはじまり
三国志のはじまりとも言えるんじゃないかな(*^_^*)


こういう無から有を生み出せる人が私の憧れですね


呉では周瑜が好きです
本によっては孔明の引き立て役にしかなっていないけど
実際 赤壁の戦いでの奇跡的な大勝利の立役者は間違いなく
周瑜だと思うし、周瑜の天下二分の計も孔明の三分の計と同じくらい
壮大な戦略だと思うので、呉では私は周瑜推しです!!


蜀では孔明
呉では周瑜
ときたら
魏では…司馬懿 ?と思われるかもしれません

残念ながら司馬懿 にはあまり好感はもっていないのです
優れた人物とはおもっているのですけど…孔明推しの私には
どうしても…敵役という感情がW


そういう感情を抜きにしても司馬懿 より私は魏のなかでは
荀彧 に惹かれます


彼こそが曹操をあそこまで大きくした立役者だと思うからです



このように参謀役が好きな私は
リアルの世界でも№2の立場が好きでありますW

何かをするのに『決断』するのが№1としたら
『提案』するのが№2の役目ともいえる
何かを考えたりするのが好きなんですね~




さて、今回記事として書きたいこと

秦の李斯という人物について


李斯は始皇帝の参謀(長史⇒客卿⇒廷尉⇒丞相)として名を知られた人物




色々と功罪のある人物と思っています

・始皇帝の政治を支え、実現したことにおいては評価できる

・始皇帝の大規模建造物・道路工事などで民を労役で
 酷使したことを、あまり諌められなかったのは褒められたものではない

※しかし、始皇帝の考えを着実に実行する力を持っていたといえる

・始皇帝の遺志を捏造した趙高に説得されて
 扶蘇や蒙恬を見殺しにしたことは最悪!!


これくらいの印象でした

ですが史記で『逐客の令』に対して李斯が進言した内容に
私は印象が少し変わりました

これは…すごい
非のうちどころのない文面だと思いました


内容はこうです

秦の国で他国出身者の謀略が発覚し
秦国内で他国出身者を追放するべし!と色めき立った時のこと

『そもそも秦がこのように隆盛をなすに至ったのは誰の功罪によるものなのか』
『歴代の王が広く天下に人材を求め他国者を登用しその才能を発揮させたからではないか』
『これこそが今日秦が強国たりえる所以である』

と始皇帝に王道を上書したそうです

『泰山はひとかけらの土も捨てないからこそ見事な高さを誇っている』
『海や大河はどんな細流も受け入れるからこそ満々と水をたたえていることができる』
『王者たるもの、いかなる人物も受け入れる包容力をもってこそ立派な政治ができる』

という内容の文を送ったそうです
自身が他国出身であり保身のためというのもあったかもしれません
だけど、それを差し引いても人の心をつかむ真理がこの文からは感じられます


規模の大小はあるだろうけどこういう状況は現実社会で
どこにでもありうること


そしてライフワークとなっている大航海時代オンラインの世界でも
当然ありうる話


商会員だけで
同国籍だけで
では成り立たない…ことはないですが

色んな国籍、色んな商会の方と触れ合うことで
よりゲームの世界も深まっていく

いろんなプレイヤーと競い合っていくことで
自身の成長にもつながっていく


色んな人との出会いも大航海時代オンラインの醍醐味の一つ


いろんな人と刺激しあい、自分とは違う意見にも耳を傾けてみたり
時に意見をぶつけ合ったりもしたりして、切磋琢磨していけたら
よりゲームも楽しいものになるかな~と思っております
(*^_^*)



ただいまブログランキング参加中です♪





↑ ↑ ↑
読んだらポチッと一押し!
ポチっと押してくれると嬉しいです(*^_^*)






スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 陸戦・決闘
もくじ  3kaku_s_L.png 造船
もくじ  3kaku_s_L.png 冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 生産
もくじ  3kaku_s_L.png フレンド
もくじ  3kaku_s_L.png 海事・収奪
もくじ  3kaku_s_L.png 商会
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 論戦
もくじ  3kaku_s_L.png 公式イベント
  • 【歴史好き♪】へ
  • 【その功績を称え】へ

~ Comment ~

NoTitle

参謀でいうと、やっぱ歴史的にすごいのが耶律楚材さん。文献ではたいした人物じゃないお、とか言われますが、儒教や仏教を修め、ただの北方の野蛮人にすぎない大蒙古のすべてを統御し、清廉潔白なるその人物は孔明に勝るとも劣らない偉人ですね。くわしくは本よんでねw(しょぼい本ではたいした書かれ方しませんが・・)

あと、ふれあいに関連してw

「無敵」というと、自分が強くて他者が弱いこと、という解釈しかしませんが本当の無敵の意味はそうではなく、人と敵対しない。できうるかぎり仲良くして味方にひきいれる。敵が無し。これが「無敵」のあるべき意味です。

これは宗教的精神ですね。「右のほほをうたれたならめぐらすに左のほほをもってせよ」

簡単に実践できることではありませんが、だからといって最初からあきらめていたのでは自分の進化はない。

日々勉強っすww
  • #1425 ユキお・クニサキ 
  • URL 
  • 2013.03/10 23:30 
  •  ▲EntryTop 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ユキお・クニサキ さん

耶律楚材さん

全然詳しくないのですが名前くらいは聞いたことがあります
チンギスハンの配下の人物ですよね?

  • #1430 リョーマサカモト 
  • URL 
  • 2013.03/11 02:21 
  •  ▲EntryTop 

匿名さん

ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

聡明な方だとはずっと思っていましたが
これほどとは!!

深い!とても深いご意見
ありがとうございます<(_ _)>


過去のある人物の言動や事象を後世の人間が理解しようとするとき、単にその人物の言動を知るだけではなく、その言動がその時代にどういう意味を持ったのか、ということがわたしは重要と考えています


凄く共感できるご意見です
立場や環境によってとるべき行動にも意味が変わってきますもんね


歴史を知ることで現代にも生かせることは多いと思うし
そう難しく考えなくても歴史にふれるだけでもロマンを感じれて
いいものだと思っています


なので匿名さんのように知識をたかめられたら…
もっともっと歴史が味わい深いものになるのだろうな~と
思いました(*^_^*)


教えていただいたオススメ書籍
機会があれば目を通してみたい!!
  • #1431 リョーマサカモト 
  • URL 
  • 2013.03/11 02:41 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle

横山先生の漫画 三国志は本当にはまりますよね~(〃 ̄∇ ̄)>エッヘヘヘ うちは 最初に漫画ーゲームのラインでしたよ~♪ でも リョーマさんが 策士好きとは ゲーム内の罠士にも 似ている部分はあるのかな~(* ´艸`)

舞瑠子 さん

リアルな私が嘘が下手な男なので騙すという行為は実は苦手だっりします


そして軍師と呼ばれる人たちにあこがれるのは
きっと…私に似ているからではなく
私にないものをもっているから…じゃないかな(^_^;)

と自己分析W
  • #1435 リョーマサカモト 
  • URL 
  • 2013.03/11 19:28 
  •  ▲EntryTop 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【歴史好き♪】へ
  • 【その功績を称え】へ

INDEX ▼